京都で薬剤師の求人に応募した体験談

私は、九州の大学の薬学部で学び薬剤師の資格を取得しました。就職活動をすることになった時、以前、旅行で行った京都の美しい街並みに憧れて、就職は京都でしたいと考えました。京都には何の伝手もありませんでしたが、無事に採用を勝ち取ることができ、京都にある病院で勤務薬剤師として働いています。

そこで、私がどのように京都で就職活動をしたかを紹介します。


意外とある薬剤師の選択肢

薬剤師というと、病院やクリニックで医師の指示した薬を処方している姿をイメージする人が多いかもしれません。私も実際に病院で薬剤師として勤務しています。ですが、実は薬剤師の選択肢はたくさんあります。製薬会社で新薬研究をしている薬剤師や、化粧品会社で化粧品開発をしている薬剤師もいます。

ドラッグストアにも多くの薬剤師が勤務しています。また、大学卒業後、大学院に進んで研究者となる薬剤師も一定数います。意外と選択肢が多い職業といえます。私は、大学入学後からずっと病院で働く薬剤師を目指していたので、就職活動も病院に絞って進めました。

私が病院の薬剤師を選んだ理由

私が病院の薬剤師を選んだ理由は、福利厚生が整っており、結婚後も続けやすいためです。また、人と接することが好きなので、多くの患者と接することができる病院で働きたいと思いました。薬剤師は、いわゆる難関資格の一つです。

資格取得のためには、大学の薬学部で6年間学んだ後に国家試験に合格する必要があります。薬学部自体が難関で、私も薬剤師を目指すと決めた中学生の時からずっと勉強を頑張ってきました。苦労してやっと手に入れた資格なので、私は一生薬剤師として働きたいと考えています。

ですが、いつか結婚や出産も経験したいので、家庭と仕事が両立しやすいことが、就職活動において大切なポイントになりました。病院に訪れる患者の多くは薬についての知識がありません。薬の名前は難しいものが多く、服用方法が複雑な場合もあります。

高齢者や障害者など薬が必要な人に限って、薬についてしっかりと知識を持つことが難しい場合もあります。私は、そのような人たちが安心して、安全に薬を服用することができるようなお手伝いをしたいと考えていました。

人と話すことが好きでしたし、長女で昔からしっかりしていると言われており、人の世話を焼くことが性に合っているということもありました。

京都の病院に絞った就職活動

京都には、大学時代に友人と旅行で訪れました。その時に見たたくさんの神社仏閣や街並みの美しさが忘れられず、京都に住みたいという思いは日に日に増していきました。両親は、就職は地元でと望んでいましたが、私はこのチャンスを逃したら京都に住むことはかなわないかもしれないと思い、就職先を京都で探すことにしました。

私の大学は九州にあるため、就職課に来る求人情報は九州や四国中国地方の病院がほとんどです。そのため、京都の病院の求人情報はほぼ自力で集めました。そうはいっても、めぼしい病院のホームページを見れば、求人情報はわかるため、それほど情報集めには苦労していません。

ただ、卒業生で京都の病院に就職した人を見つけることができず、対策などを相談できなかったため、不安は常にありました。薬剤師は資格さえ取得すれば就職先に困ることはないと思われがちですが、実際には毎年就職浪人はいるようです。

特に病院に勤務する薬剤師はコミュニケーション能力が重要視されるため、面接で落とされることもあると聞いていました。できれば、採用試験を受ける病院の面接の傾向を知りたかったのですが。それはかないませんでした。

そこで、希望する病院のホームページをくまなく読み、その病院がどのような人材を求めているかを徹底的に分析しました。特に、病院の経営理念には、その病院の特色がよくあらわれるため欠かさずに読むようにしていました。

学術業務を担当したい薬剤師の求人の探し方

京都での就職活動で苦労したこと

京都での薬剤師の就職活動で最も苦労したことは、何といっても長距離移動です。毎回、新幹線で移動するため、時間も費用もかかります。京都は観光客が多いためかゲストハウスの数がたくさんあります。

ゲストハウスを利用することで、宿泊費を安く抑えることができました。さらに節約するためには夜行バスを利用する方法もありましたが、国家試験の勉強と就職活動を両立する必要があったため、時間と体力を消耗しないように新幹線を利用していました。

就職活動と勉強でバイトもできない時期だったので、金銭的には本当に厳しかったです。時には、両親に借金をして面接にいくこともありました。


実際の面接で聞かれたことと私の答え

京都の病院のホームページを片っ端から読み、やはり最初は大きな病院からキャリアをスタートしたいと考え、いわゆる大病院を希望しました。さらに私は、患者と距離の近い薬剤師を目指したかったので、大病院だけではなく、地域密着型の病院も複数ピックアップしました。

結果として、5つの病院の面接を受けました。結果は、ありがたいことにすべて合格しました。採用された病院の中から、一番最先端の医療を提供しており、福利厚生も完ぺきな病院を選びました。研修制度もしっかりとしており、日々学ぶことや発見がある職場で、選択に間違えはなかったと感じています。

面接では、どの病院でも共通して聞かれたことがいくつかあります。まずは、志望理由です。福利厚生や待遇のことをいきなり話すと、あまり印象が良くないと思い、志望動機は患者に信頼され慕われる薬剤師になりたいということを主軸にしました。

子供のころ出会った親切な薬剤師とのエピソードを盛り込んで具体的に面接官に伝わるように工夫しました。次に、薬剤師として大切なことは何かということもよく聞かれました。私は、6年間薬学部で学ぶ中で、薬剤師には知識や技術はもちろんのことコミュニケーション能力や臨機応変さも必要であると感じていました。

そこで、自分の考えをそのまま伝えました。まだ、働いていない新米薬剤師なので、あまり凝った言い回しはせずに素直な気持ちを伝えるようにしていました。

京都での薬剤師ライフを満喫

時には、苦労もありましたが無事に京都で薬剤師としてスタートを切ることができ、毎日充実しています。誰も知り合いがいない中での就職は不安もありましたが、同期にも恵まれ、休日には一緒に遊ぶことができる友人もできました。

住宅補助がでる職場なので、京都の便利な場所で一人暮らしをすることができています。休みの日には気になっている場所を観光することが楽しみです。就職活動のタイミング一歩踏み出してよかったです。